読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaikの日々雑感~日常編

sakaikの日々の雑記。食べ物、読み物、お出かけ(旅行)などなど

ジロ・デ・イタリア2010第7ステージ・どろんこステージ

 個人的に盛りだくさんの1日で疲れていたのか、残り6kmくらいまで見ていたのに、もう観戦を諦めて寝てしまったこのステージ。珍しいです。私があと6kmなのにテレビを消すなんていうのは。しかもジロで。
 朝起きてから、録画してあった最後の部分も見ました。


 後半、残り25km付近から未舗装区間あり。しかも雨。
 パリ~ルーベがどろんこレースだという話はよく耳にするし写真も見るのですが、私が観戦している時には天気の良い砂埃のパリ~ルーベしか記憶になく、今回が、初めて見る本格的などろんこレースとなりました。
 とにかく、ひどい。なんの罰ゲームですか?と尋ねたくなるくらい(笑)。


 エバンスとヴィノクロフが好調で、何度も2人だけで抜け出すシーンが。いいですね、こうやっていよいよ本気の総合トップ陣の争いが始まっているという空気が。(ちょっと1日ほど早いですが、、まぁ前哨戦ということで)
 

ここまでのリタイア:
2 DNF  Martin Kohler         (Swi) BMC
3 DNF  Christian Vande Velde (USA) Garmin
6 DNF  Guillaume Bonnafond   (Fra) AG2R
6 DNF  Michele Merlo         (Ita) Footon
6 DNF  Paolo Tiralongo       (Ita) Astana
7 DNS  Marzio Bruseghin      (Ita) CdE
7 DNS  Eros Capecchi         (Ita) Footon

 テレビ放送解説の栗村さんが応援すると何かが起こるという「クリムラの呪い」。今回はブリュセギンを優勝候補のひとりと名をあげてしまったばかりに・・・・・。



 今年のジロは面白いですね。ド平坦で何かがあり、アラシロに活躍の場があり、シモーニの笑顔が素敵で、ベルトリアーティも逃げ切る。毎ステージ、何かしらの見所があり、目が離せません(録画観戦のことも多いけど)。
 明日はいよいよ山頂ゴールですね。誰がどんな力を見せてくれるか。個人的にはシモーニガルゼッリらに「まだまだ行ける!」というのを見せてもらいたいと思っています。