読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaikの日々雑感~日常編

sakaikの日々の雑記。食べ物、読み物、お出かけ(旅行)などなど

ジロ・デ・イタリア2012が始まっている

 何かと立て込んでいるので、「今年は、ツール以外の自転車レースは、ほとんど見られないつもり」の心構えでいます。最初から見られないつもりでいたほうがストレスたまらないので。 見られたらラッキー(笑)。

 とはいえ、少しは見ています。昨日曜日にはじまった、ジロ・デ・イタリアも。


 スタートリストすら印刷していない体たらくですが、別府フミ選手がグリーンエッジから「101」のゼッケンをつけて走っていることは、把握しています。エースナンバーじゃないんですね。昨年のウェイラントの事故により「108」を欠番にした関係で、通常1からはじまるチームの末尾の数字が、グリーンエッジだけ、「100」から始まっているのです。

 ということを知っていても、なんだか嬉しい「101」ゼッケンでした。今後のレースで、特に山岳で他チームのエースたちだけが残っているようなシーンで、しれっと「101」ゼッケンがエースのフリして混じっていたりすると楽しいなーなんて妄想しました(笑)。


 なんとなく見ている、ここまでの印象とメモ。

最初3ステージはデンマーク

第1ステージ:ITT。あまり見てない。

第2ステージ:カヴェが貫禄の勝利。

第3ステージ:フェラーリの斜行でカヴェが落車。グリーンエッジのゴス勝利。

1日の休養を置いて、イタリアへ。

第4ステージ:TTT。グリーンエッジ、フミが日本チャンピオンの赤いパンツで登場。9人グリーンエッジ、黄緑色ジャージの中に赤が、、、、、3人!!! ?????  ゴスがオーストラリアチャンピオンなのかな。あとカナダチャンピオンがいるらしい。6人の黄緑と3人の赤の混成チームみたいなTTTの隊列が面白かったです。


 フェラーリの斜行はもう少し語りたいところですが、ほんと「ありゃないわー」ですね。考えようによってはカヴェンディッシュが後ろから「予測だにしないような超高速」で追い上げてきたことも原因だとは思いますが、だって速いもんはしょうがないですよねー(笑)。真横に体当たりするように動くやつが、悪い。

 私はキライな選手の名前をわざわざ覚えておく趣味はないので、いつもグランツールで「きたないスプリント」をしていたのが誰だったか、全然覚えていませんが、フェラーリもその一味でしたっけ?



 と、まぁデンマークでのオープニング、イタリアでのTTT、といった大きなイベントを済ませたジロ2012序盤でした。これからが本番ですね!(ということを、山岳に入るときにも、また言いそう(笑))

.