読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaikの日々雑感~日常編

sakaikの日々の雑記。食べ物、読み物、お出かけ(旅行)などなど

ツール・ド・フランス2011・第14ステージ

 24人の逃げで始まったこのステージ。ようやく瀧がいくつか映る地域になってきました。ツール・ド・フランスの映像がとらえる瀧は落差があって本当にきれいです。


 ステージ勝利のための逃げの後ろでは総合争いが。

エバンス、バッソ、アンディ&フランク、コンタ、クネゴ、そしてマイヨジョーヌヴォクレールとそのアシストのピエルローランら。

 コンタ意外のほぼすべての総合系選手が仕掛け、時にヴォクレールが、時にコンタが追う構図。バッソの堂々とした牽きからは、ランス時代の総合選手だなーという印象を受けました。

 ステージを取ったのは、逃げていた中から最後まで残ったバネンデール。力強かったです。最後総合系のほうにカメラがとられてしまい映る時間が短かったのが気の毒でしたが。

 ちょうど表彰式(ゴール直後の場所でやっていた)の時に遅れてゴールしたジルベールが、本当に嬉しそうな表情なのが印象的でした。自転車に乗ったままポディウム脇に直行して、抱擁。いい絵です。


 これでヴォクレールも明日の平坦、月曜日の休養日とマイヨジョーヌをキープすることができそうですね。一旦イエローになったらそうそう手放さないこの男っぷりは健在でした。攻めて守ったんだからすごいです。

 コンタのダンシングも軽くなってきたように見えるし、各選手見せ場があったし、ともかく素敵なステージでした。


今日も2つの派手な単独落車が。どちらも大けがないようでなによりです。


52km付近:下りでテンダムが右カーブを曲がりきれずに左側の土手につっこむ。岩があったのかデコボコがひどかったのか、前輪がひっかかって前に一回転。。痛そう。。

46km付近:下りでフォイクトが左カーブを曲がりきれずに、右側の桑木の茂った崖に落ちていったシーン。自分で自転車かかえて登ってきました。その後も右カーブで油か砂か何かにタイヤを取られて落車。両足外してまっすぐにのばして、きれいな落車でした。ジャジャの一人逃げの右カーブ落車とかウルリヒのTTでの落車に匹敵する美しさでした。