sakaikの日々雑感~日常編

sakaikの日々の雑記。食べ物、読み物、お出かけ(旅行)などなど

浜松に行った話(踊り子号乗車)

 OSC浜名湖への参加のために、浜松まで行った話。
おでかけでは、往路または復路で、可能なかぎり何らかの工夫をしてみることにしていまして、今回は往路にて少し工夫をしました。

 通常は、JR我孫子駅から常磐線等で東京駅まで出て、東京駅から新幹線で浜松に向かうという流れとなりますが、今回目をつけたのが「踊り子号」。週に一往復だけ、我孫子駅から伊豆急下田までを結んでいます。上野東京ラインが開通した恩恵ですね。千葉や埼玉のほうから東海道線へと繋がりました。いつかは乗ってみたいと思っていたこの電車に、今回乗ってみました。

f:id:sakaik:20190209103618j:plain
踊り子号(我孫子駅

 入線は出発の10~15分ほど前。上野方面からやってきました。なお車内販売はありません。
我孫子出発時にはガラガラで、「やっぱり人気ないよなー」などと思っていたら、東京駅から乗ってきた人で満席に。上野東京ラインとか全然関係なかったですが、まぁ利用者がちゃんといるのは良いことです。
f:id:sakaik:20190209104703j:plain:w250f:id:sakaik:20190209114253j:plain:w250

 伊豆もまだまだ人気あるんだなぁ、と思っていたのは私の勘違い。かなりの人が、小田原や熱海で降りていきました。なんだぁ。

 私も、目的地は浜松なので、熱海で下車。その後も、折角だから鈍行でゆっくりと行こうと思っていたのですが、我孫子で乗った踊り子号で熱海までそのまま到着できたことで、結構満足しちゃったので、予定変更で新幹線へ。 もともとはこの電車に乗るつもりでした。 ちなみに、踊り子を下車した目の前に停まっているので、乗り換え時間は数分しかありませんが、全然問題はありません。
f:id:sakaik:20190209125140j:plain


 ところが、この日は新幹線が遅れていました。出発時間を大幅に過ぎても新幹線はやってきません(結局この12:45の電車は、13:30頃にやってきました)。
f:id:sakaik:20190209130106j:plain

 窓口で「出発時間過ぎた電車の指定席って、買えないですよね」と尋ねたところ、こともなげに「買えますよ」の返事。そんなわけで手に入れた切符が以下のもの。
f:id:sakaik:20190217230407j:plain
 踊り子号で熱海駅に 12:51 に到着し、そこから 12:45 のこだまに乗る、という切符のセットができあがりました。不思議~(笑)。

 少しうとうとしていたようで、あっという間に浜松到着。予定より早く到着できたので、楽器博物館へと向かいましたとさ。めでたしめでたし。
f:id:sakaik:20190209143159j:plain

今期のNHK語学講座(2018年秋)


 秋は、ユーロ4言語の新番組が開講する季節です。
「旅する」シリーズになって3期目の今期も、楽しく視聴しました。この日記は、まとまった時間がなかなか取れなかったこともあって、実は、殆ど講座も終わりかけている3月に書いていますが、どの講座も楽しく、結局ほとんどの講座を半年間、見てしまいましたねぇ(通常は、1ヶ月くらい見て様子が分かったら、続きを見たいものだけを視聴し続ける)。
 相変わらず、語学学習番組というよりも語学バラエティー番組という目線で見ているので、出演者たちがあまり頑張って現地の言葉を話さず、いっぱい日本語を話しているのは、さほど気になりませんが、「その国の言葉を浴びるように聞きまくりたい」という方には、きっと物足りないのでしょうね。

旅するスペイン語

 今回は、テルこと竹財輝之助さんが「旅人」。相変わらずのジン・タイラさんが相方となって、相変わらずの無理難題なミッションをこなしていきます。動物への餌やりは、もはや定番。4言語の中で今シーズンも私のイチオシ。今回はジンさんの家族や親族、さらには番組の現地コーディネーターさんの家族をも巻き込んでの回が多かったですね。「番組のお金で家族旅行しやがってー、わはは!」と面白がって見ていますが、身内を使い始めたらネタ切れ、という面もあるので、ちょっと心配もしています。
 スペイン本土には一切行かずに、カナリア諸島を半年間紹介したのも、なかなか見られないものなので、面白かったなぁ。ちょっと興味を持って調べていたときに、スペインの最高峰(標高が一番高い場所)は、本土のほうではなく、カナリア諸島にある山だと知ったので(番組でも紹介された)、今回、映像でその山(テイデ山)を見ることができて嬉しかったです。関係ないけど、テイデ山って手稲山(札幌)に音が似ていますね。
 「旅人」のテルさん。とても柔らかい雰囲気で「ふにゃぁ」というか「ぬるっ」というか、そんな話し方が暖かいのですが、なに、ばしっと決めたら滅茶苦茶格好良くて、ちょっとギャップ萌え(笑)。2013年のイタリア語に登場された時にも「好感」という日記を私は書いていたので、基本的に私にとって好印象な方のようです(笑)。

旅するイタリア語

 田辺誠一さんが「旅人」。今期は北イタリア(トリノやミラノ)を中心に。
何事も楽しんでいる感じがいいですね。絵もお上手で(笑)。いや、皮肉じゃなくて絶対この人、ちゃんと書いたらちゃんと上手いと思う。わざとウケ狙ってるようにしか(笑)。

旅するドイツ語

 昨期に引き続き、前川泰之さんが「旅人」。印象深かったのは、前川さんが一人で目的地にたどり着いて、現地の人とコミュニケーション取りましょう、みたいなミッションを与えられたとき、その場所は観光地だったために、周りにドイツ語を話す人がほとんどいなかったというオチがあった回ですね。海外旅行、そういうこともあるさ、と、とても現実的な光景を見せてもらい、また、それをそのまま番組に使ったスタッフの遊び心にも感心しました。

旅するフランス語

 黒木華さんが「旅人」になり、パリとリヨンを中心に。前2期よりも「演じてる感」は薄まり、旅を楽しんでいるなぁという様子は伝わってくるようになったものの、やっぱり私には入り込めない何かがある感じ。間欠での視聴継続となりました。
 料理を作る側の話題にあまり興味がないせいかもしれませんね。次回作に期待。



さわら(千葉県)に行ったらなかなか面白かった

伊能忠敬記念館に行きたくて、ついでに周辺で見て回れるものってあるのかな?と調べていた中で、結構観光に力を入れている街らしいということが分かってきました。千葉県の香取市の佐原(さわら)。
8月下旬の平日(木曜日)なのに、たくさんの人が観光で街を散策していました。

sakaik.hateblo.jp

忠敬記念館と生家の付近は、古い町並みが保存されています。この決められたエリアだけが際立って古いわけではなく、その周辺もしっかりと雰囲気を保っているのが、素敵です。川にはお船もあり、遊覧できるようです(私は今回は時間がなかったので利用しませんでしたが)
f:id:sakaik:20180829132505j:plain

佐原は利根川の水運により栄え、昔は20軒以上の酒蔵があったそうですが、今も残っているのは2軒だけ。そのうちのひとつ、東薫酒造さんを見学してきました。あろう事かお店の外観を撮影していないという失態。お店が見えたとたんに興奮して、わーーーっっと近づいていったんでしょうね(笑)。
 見学は一日に数回(結構多い)時間が決まっていて、丁寧に蔵の中を回って見せていただけます。大きなタンクがたくさんあり、昔ながらの冷却装置(タンクのまわりに水の入ったチューブ!)があり、製造途中のお酒を移したり櫂を入れたりするための工夫(以下写真)があったり。
f:id:sakaik:20180829141620j:plainf:id:sakaik:20180829141851j:plain

 お店のおかあさんとおねえさんが丁寧に説明してくださり、「さらっと呑めて、きゅっていう臭いが口の中にいつまでも残らないような」という私のリクエストで勧めてもらったお酒をいただいて帰りました。家で呑んでみたところ、卯兵衛が最高においしかったです。ふさこがねはお米が珍しかったので私が選びましたが、お行儀の良いお酒でこれも私好み。高級なお酒である「叶」は、まだ呑んでいません。なんか良いことがあったときに呑むんだ!
f:id:sakaik:20180829181757j:plain

 雰囲気もよかったし、おいしいお酒を造られているので、日本酒好きの方にはぜひお勧めしたいです。私もまた行きたいです(こんどは運転手を連れて)。

 その他の町並みと香取神宮
f:id:sakaik:20180829134012j:plainf:id:sakaik:20180829133811j:plain
f:id:sakaik:20180829151255j:plain

 全体としてのんびりとして、空気がなんだか心地よい街でした。さわら。県内にこんな場所があったんだぁと嬉しくなるとともに、県外の人にも勧めたい千葉県でした。

サッカー・ワールドカップ、日本予選突破

 サッカーのワールドカップ、ロシア大会で、日本が決勝トーナメント*1に進出したとのこと。たまたま時間が取れたので私もリアルタイムでテレビで対ポーランド戦を観戦していました。
 その後のみんなの反応を見ていて、面白いことに気づいたので、メモしておく。

 気づいた事というのは、みんな「同じ試合を同じテレビで見ているのに、実は違うゲームを見ている」ということ。

 片や、ワールドカップというゲームを見ている。そして他方はサッカーというゲームを見ている。
前者は、予選リーグを勝ち抜いて決勝トーナメントに出るというゲームを見ているので、予選通過のための条件と照らし合わせながら、目の前で起こっていることを理解できている人たち。後者は、目の前の1試合だけを見ている人たち。
 全然違うゲームのルールで試合を見ているのだから、そりゃぁ、会話がかみ合うはずがありません。将棋で言えば「桂馬がタダで取られそうになっているのに、守ろうともしないで他の箇所に手をつけた!」と憤っているようなものです*2
 えっ?私? そりゃぁワールドカップの時くらいしかサッカー見ないので、サッカーというゲームを見ていますよ。目の前の1試合で、選手たちが活躍して格好良いプレーで点を入れて、勝ってくれるのを期待していますよ。だから監督があの場で「残りの時間、こんな感じでいきま~す」って宣言してくれたなら、見るのをやめて、あと15分早く寝ましたよ。なので「見たくない試合を見ちゃったなぁ」というのが私の感想。私の睡眠時間を返せ!(笑)

 一方で、状況をしっかり把握して「待ジャパン」になる指示を出した監督、それを臆せずにきちんと実行できた選手たちの強さにも敬服します。野球で、半端に敬遠していたら、その球をホームラン*3にされちゃったみたいな話があったかと思いますが、敬遠なら絶対に打たれない場所にしっかり投げる、サッカーで時間稼ぎするなら絶対にミスしないように大きくパス回しをする、それがしっかりできたのが素晴らしいなと思いました。
 このまま試合終了しても、決勝進出が確約されているわけでもなく、同時並行している別の試合の結果次第だったので、この時間稼ぎの作戦も、かなりの賭けだったわけですよね。会社の経営でも、こんな不安定な賭けはなかなか選択できません。ましてや今回のように、自力で1点狙いに行くことによって確実に決勝に出られるという道も選択できた状況では。

 話を戻すと、「ワールドカップを見ていた」人たちは、目の前に落ちている100円玉に気を取られずに、3m先に舞っている一万円札を見ることができている人、「サッカーの試合を見ていた人」は、目の前に落ちている100円玉を律儀に拾って一万円札に気づかない人*4、と言えるかもしれません。

*1:正式にはグループステージ、セカンドステージ、と呼ぶらしいが本日記では予選リーグ、決勝トーナメントと称する

*2:ちょっと違うかw。まぁ、盤面広く見ろよという趣旨で捉えていただけると

*3:ホームランじゃなくてサヨナラヒットだったかも

*4:この100円を無視してまで一万円札なんて要らねぇと粋がっている人もいますけど

名曲アルバム+(プラス)がすごい

 NHKには「名曲アルバム」という、40年の歴史を誇る名番組があることは、みんなもご存じのことと思います。曲にちなんだ美しい風景を動画と字幕で紹介しながら、曲を聴かせる5分番組です。
 これとは別に、しばらく前から「名曲アルバム+(プラス)」という番組が実験的に制作されていました。不定期放送だったので、なかなか出会えなかったのですが、最近積極的に再放送されているようで、今までの「お行儀良い」名曲アルバムとは違うカラーを持った、斬新な映像作品にすっかり引き込まれてしまいました。

 最近放送された曲は以下のようなもの。内容紹介しているので、ネタバレ的なものを好まない方は、このまま読まずに閉じることをお勧め。

パッヘルベルのカノン

 これはすごい。旋律の追いかけあいが視覚的に、そして楽しげに、伝わってくる名作です。そろそろ飽きてきたかなという頃にしっかりと映像表現(コース)の趣向を変えてくるあたりなど最高です。何人かでアンサンブルしているのかと思ったら、これ、多重録音なのですかね。
 伊藤万桜さんのバイオリン、鎌田茉帆さんのチェンバロ。映像は大西景太さん

フィガロの結婚 序曲

 フィガロの結婚のストーリーを、マリオ的な横スクロールゲームに乗せて紹介する趣向。もう、すっかり曲はBGMとなり、画面の展開に見入ってしまいました。
 角田鋼亮さん指揮の東京フィルハーモニー交響楽団。映像は山下諒さん。見たことないけど話題のポプテピピックのゲーム映像の人とのこと。

チゴイナーワイゼン

 上の2つの「作品」感に比べて、普通にバイオリンを弾き始めたので、あれっ、映像作品ぽくない、と思っていたら、すごいところにカメラを取り付けて迫力ある映像を楽しめたり、弓の動きだけを映像化したり、そのうちスマホを持って撮影した人が、曲やテクの紹介をしながらSNSに投稿していくという、盛り上がりの展開に。SNS投稿は読み切れなかったので、一時停止しながら読んじゃいました(笑)。
 南紫音さんのバイオリン、ピアノは江口玲さん。映像は渋江修平さん。

ラ・カンパネラ

 黒い背景の中で、ラ・カンパネラを弾く手の映像がひたすら流れる冒頭。そのうち映像を回転させてみたり揺らしてみたりの変化はあるものの、ふぅん、という感想。映像に鍵盤が加わりハンマーアクションが映し出される。・・・と、このあたりで気づく。あれっ?このピアノ、弦が張ってない! 
 そう。冒頭からずっと流れている手の映像は、この曲を弾いているときの映像ではなく、いわゆる「くちパク」で、つまり、録音済みの音に合わせて後付けで収録した動き。こんな芸当ができるのは一体誰だ、と調べて納得。反田恭平さんでした。うん、この方ならできる(笑)。

その他過去に制作されたことが分かっている曲(順次再放送がある模様)

 見たら、適宜感想を追加します。