sakaikの日々雑感~日常編

sakaikの日々の雑記。食べ物、読み物、お出かけ(旅行)などなど

歯を抜いたはなし

 私事ですが、最後の親知らずである左下の歯をこのたび抜きました。
斜めに生えていて間に食べ物が詰まりやすかったことに加えて、奥の側が虫歯になり始めていたこともあって、以前よりの懸案事項でした。ちょうど、別の歯の治療に伺っていた先生に相談したところ、近くの総合病院を紹介していただけることになり、数年越しの悩みを解決すべく、決断したのでした(大げさ)。

f:id:sakaik:20170502002426j:plain:w300



 紹介状を持って総合病院に行き、抜歯のスケジュールを決定。
そこでは、抜歯は午後、翌午前に消毒に一度通院、更に一週間後に抜糸のために通院、という事になっていたので、木曜日に歯を抜いてもらうスケジュールにしました。腫れたり、熱が出たり、出血が止まらなかったりなど大変だよー、と知人らからも聞いていたので、万全を期して、木金は何の予定も入れず、土日で体力を元に戻すという漠然とした計画にて。


 さて、抜歯当日。予約の14時少し前にお医者さんに向かいます。
すぐに呼ばれて、体調確認、実施の覚悟(?)の最終確認を経て、歯茎への麻酔。効くまでしばし待つ。
簡単に手順の説明をしてくれた後、執刀。
あぁ、なんかゴリゴリやってるなぁ。あ、ドリル?カッター?わかんないけど機械が入ってきた。削ってるのかなー切ってるのかなー。力入れて引っ張り始めたぞ、なんか難航してるっぽい。いまどれくらい進んだのかなぁ。以前奥歯を抜いた時にはバリバリって砕くような音が聞こえたんだ。あれやだなぁ。先生が「よしっ」と言った。うまく引っかけるポイントに入れることができたのかな。
 などと思った直後、先生の言葉「はいー、抜けましたよ」。 あれれ。。もう? 本当に? 骨と癒着していたので時間かかっちゃってすいませんねー、なんて言ってくれたけど、いえいえ、むしろ覚悟していたような山場がなくてあっという間でびっくりしましたよ。
 この先生、実は難抜歯などの施術のために、地域の他の病院にも足を運ばれることもある先生で、ある医院のブログでは「ゴッドハンド」という言葉までも目にしました。今回実際に施術をいただいた直後に私の脳裏を過ぎったのも「うわっ!ゴッドハンドだ!!」でした。力任せに抜くこともなく、たぶん歯の状態に逆らわないで、歯と会話しながらの施術だったのだろうな、きっと歯の癖を知り尽くしているんだろうな、と感じました。とにかくもっと怖い事を覚悟していただけに、「びっくりした」の一言に尽きます。


 その後、切開部分を縫い合わせてもらい、しばらく止血のためにガーゼを噛んでから、終了。実質5分かかったかかからなかったかの手際の良さでした。
 ただ、やっぱり気分的に疲れたので、帰宅後はエアコンかけて寝ていました。気温が高いと傷口が脈打って少し痛いのです。


 その晩はさすがに何も食べる気がしません。食欲がないわけではないのだけど、歯を抜いたあたりを動かしたくないのです。なので、ゼリー飲料でエネルギーをつけて、玉子豆腐とプリンをおなかに入れて終了。抜いた部分が痛むという程ではないけれど、脈打つのが感じられ、違和感を越えてやや軽い不快感に近い状態だったので、もらった痛み止めを飲んで、 good sleep。


 翌朝は、軽くパンを食べて(反対側の歯で少しずつ噛む)、10時に消毒のために通院。どうですかー、気分悪くないですかー、寝られましたかーなどの確認後、消毒液をつけたガーゼで無造作に幹部をごしごしごし。先生、痛いです、もっと優しくしてっ(笑)。と思っている間に終了。1週間後の抜歯の予約をして、帰宅となりました。
 よく寝られるよなぁと思いながらも、体力温存のためまたお昼寝。 抜いた側の口を動かすのが多少こわくなくなってきて、人間の体の適応って早いなぁと感心するばかり。まだ抜歯してから24時間も経ってないのに。


 今これを書いているのは、土曜の夕方。抜歯後丸2日と3時間ほどが経ったところ。唐辛子等を含むような刺激性の食べ物は避けていますが、かなり普通に噛んで食べられるようになりました。やや頬が腫れている感覚はありますが、わたしは元気です。
 歯の治療って痛いし怖いしでイヤなものですが、あまりの「ゴッドハンド」ぶりに感動したので、こうして記録を残してみたくなった次第です。


 そんなわけで歯を抜いて 歯なし になった はなし でした。
おあとがよろしいようで。

OSC2017-Hokkaido ビフォーアフターメモ

 ややこしいタイトルですが、変更前変更後の意味じゃありません。
OSC2017-Hokkaido への参加時に、前後のスケジュールをやや余裕を持って確保して、周辺エリアで少しでも楽しもうということです。

 
 今回のOSC2017-Hokkaido は、木曜夕方入り日曜夜帰り、というスケジュールを組みました。
以下、記録というかメモ。

ラーメン

 滞在期間中、ハーフサイズを含めて都合 杯いただきました。
木曜夜に2件ハシゴ、金曜は食べず(日中の猛暑内の歩き回りでちょっと参っていたのかも)、土曜夜の呑み後にハーフ1杯、帰りに新札幌であひるごはんとして1杯、夜に新千歳空港でひよるごはんとして1杯。

  • すみれ すすきの店:味噌ハーフ
  • 直伝屋: 醤油ハーフ(道産小麦の麺)
  • 直伝屋: 味噌ハーフ(黄色い麺)
  • 梅光軒@新さっぽろ
  • 一幻@新千歳空港:えびしおそのままほそめん

もいわ山

 何度も札幌に行っているのに、今迄訪問する機会のなかった「すぐそこにある山」。市電で、ほぼ左下(南西)の位置にある「ロープウェイ入口」という駅で降ります。ロープウェイ乗り場まであることもできますし(最後のほう、かなり坂は急です)、停留所から少し山側にあるいたところに、15分に1本くらいの無料シャトルバス乗り場もあります。
 JALのクーポン誌を見せて、1,500円に割引になり(この割引額は市電で自由に取れるクーポンと同じ)、さらに、もーりすのシールまでもらっちゃった。嬉しい!
 猛暑だったので、山の上は少しは涼しかろうと期待しましたが、日差しがきつく暑い暑い。でも、都心からほんの少し離れただけで、こんなに高いところに来られるというのは、素敵です。
 ロープウェイですれ違うときに「手をふりましょー」ってガイドさんが言ってくれるので、手を振るわけですが帰りにすれ違った登りのハコにはガイドさんともう一人しか乗っていませんでした。おぉ。。。。張り切って手を振ったのに・・

市電の車庫

 ロープウェイ入り口のひとつ南側の停留所の近くにあります。いろんな車両を外から眺められたらいいかな、というくらいのつもりで立ち寄ってみたのですが、入り口に「見学の方は事務所まで(11時から15時)」みたいな張り紙があったので(時間はうろ覚えなので違うかも)、飛び込みでお願いしてみました。職員の方が車庫の近くまで連れて行ってくれて、色々な車両を見せながら説明してくれました。親子電車なんて知らなかったし、ささら電車の「竹」の部分を間近で見られたのにも感動したし、ラッピング車についても色々な話を聞かせていただけたし、愉快な時間でした。私は電車に特に詳しいわけでもないのだけど、大好きな人が行ったら面白くて仕方ないと思います。

六花亭

 時間があれば必ず寄ることにしています。お目当てはここでしか食べられない マルセイアイスサンド。行ったときにはちょうど空いていたので、カフェの椅子に座って、アイスコーヒーとともにいただきました。たくさんお土産を買いました。自分的今年のヒットは、マルセイバタ柄の(応援とかに使いそうな)長いタオル。

観覧車

 すすきのの少し北のエリアのビルの屋上に観覧車があります。前回札幌に来たときにも気になっていたもので、今回ようやく乗れました。ひとりで。
 都会のど真ん中で、一番高いところに徐々に登っていくのは楽しいですね。一番西側についた瞬間と、一番てっぺんになる瞬間と、一番東側に行く瞬間(つまりそこから移動の向きが変わる瞬間)が大好きです。かなり空いていました。乗り場の近くで大行列があったのは、屋上ビアガーデンに並んでいるお客さんたちでした。

石鍋亭

 OSC前夜祭会場。年に1度行くか行かないかという程度なのに、いつも暖かく迎えてくれます。味玉からはじまり、ジンギスカン、ニラタワー(もつなべ)、ラーメンにおじやまで、フルコースでいただきました。いつ行ってもおいしいです。

交通資料館

 南北線自衛隊前駅のすぐ南側にあります。ガード下にたくさんの車両が展示されているほか、ちょっとした(建物内の)資料館もあります。ほとんどの展示車両は中に入ることができます。試験車も展示されていて、札幌の地下鉄のタイヤの仕組みなどもよく見ることができて、ちょっとした感動です。

札幌市青少年科学館

 ジオから宇宙、乗り物、物理など様々な展示のある科学館です。新札幌駅近く。帰りの日には支笏湖にでも行ってから新千歳から帰ろうと思っていたところ、大雨になってしまい支笏湖を断念。代わりに色々寄り道をしながら新千歳に向かう途中に立ち寄りました。幅広いので全部をじっくり見ていると時間が足りなくなりますが、興味のあるところだけじっくりと見ていると、かつて青少年だったオトナも結構楽しめると思います。

新千歳空港温泉

 寄り道をしながらゆっくりと新千歳空港にたどり着いたのですが、それでもまだ乗る飛行機までには時間がたっぷりあったので、かねてより気になっていた空港内の温泉へ。歩き回った疲れが取れますし、一応露天っぽいエリア(背伸びをして見えるのは国際線ターミナルと駐車場)もあるし、お風呂上がった後の休憩室にはフルフラットになれるソファがあるし、快適な場所です。ちょっとエリア全体に煙草の臭いが流れてくるのだけが難点ですが。


 という感じ。細かい訪問を多く実行できた感じで、盛りだくさんの札幌2017でした。


 

久々にコンサートに行ったはなし

 久々にプロのオーケストラのコンサートに行って楽しかったので、思い出を綴ってみます。

 最近の行動エリアの変化で、紀尾井ホールへのアクセスが良くなったことから、ふと興味を持って行ってみました。
思い出してみても、プロのコンサートに行くのは20年近くなかったと思う、超久々のこと。
行ったのは紀尾井ホール管弦楽団の第107回定期演奏会。演目は
 ルーセル:「蜘蛛の饗宴」から交響的断章
 ショパンピアノ協奏曲第2番
 ビゼー交響曲 in C
の3曲。指揮はジョン・ネルソン。


 座席は2回の横側にしました。舞台前端をちょうど真横から見るような形になり、楽団の左三分の一は見えません(笑)。


 ルーセルは特に思い入れもない曲だったこともあり、イマイチよくわかりませんでしたが、すごかったのがピアノ協奏曲。ショパンのオケなんて聴いてもねー、なんて斜に構えていてすいません。
 ピアノ演奏者の真後ろから覗く込む形になり、まずこれが楽しかったのが一点。そしてピアノソロの緩急自在、自由奔放な演奏にあっという間に引き込まれたのですが、後で調べて知った今回のソリスト 小菅優さん。音大を出ているわけではなく、コンクールへの出場実績もない、いわゆる「野生児」(ほめ言葉)だそうです。フェザータッチのような柔らかい音から、力強い音まで幅広く、音楽全体が楽し気に舞っている様子に引き込まれました。
 その高揚感のまま、休憩後のビゼーへ。途中で寝ちゃうかも、なんて心配はどこへやら。最後までたっぷり楽しみました。


 私がコンサートにあまり足を運びに行かなくなったのは、他のお客さんでで嫌な思いをすることが多かったことが理由のひとつでした。演奏中に小銭を数えたり大いびきをかいたり、我先にブラボーを言いたがったり。
しかし、紀尾井ホールの今回の演奏会は、ちょっと変な言い方ですがすごくお客さんの質がいいと感じました。全然ストレスがない。一緒に音楽を聴くことを楽しめる仲間、みたいな感覚を受けました。これが今回の演奏会だけのたまたまでないことを祈る。


 それから、私も舞台に立つ側をやめてから10年以上。以前と比べてピリピリしながら、まるで採点するかのような聞き方をしなくなったという面もあるのかもしれません。何よりも、相当の専門的な腕前を持った人たちが、我々数百人のために練習してきて、今ここで演奏をしてくれているのだということが、うれしくてうれしくてうれしくて。
音楽を聴くのって、こんなに楽しかったんだ!と今更ながらに発見した、今回の演奏会でした。


 とは言いつつも、やっぱりファゴットパートには目がいってしまうのは染みついた習慣のようで、ルーセルでのセカンドの大澤さんの音の太さにしびれました。福士さんは次回モーツァルトのコンチェルトをやるので、楽しみです。名簿を見ると上総さんもメンバになっているようなので、いずれ生で聴けることを楽しみにしています。上総さんは 大昔にN響にデビューしたときに「桐生さん(だったかな)を従えてトップを吹いてる、あの若い人、だれ!?」と仲間内で話題になって以来ずっと気になっていました。


 次回の定期演奏会も行く予定にしてるので、また違う席からの違う楽しみを味わえたらとわくわくしています。



f:id:sakaik:20170701154340j:plain


ルーセル:蜘蛛の饗宴 他

ルーセル:蜘蛛の饗宴 他

ショパン:ピアノ協奏曲第1&2番

ショパン:ピアノ協奏曲第1&2番

ビゼー:交響曲 他

ビゼー:交響曲 他

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集第1巻「出発」 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集第2巻「愛」 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集第3巻「自然」 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集第4巻「超越」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ集第5巻「極限」 リスト:超絶技巧練習曲集

2度目の沖縄訪問記録

 OSC2017-Okinawa に参画してきました。OSCの様子は別の日記に書きました。
今回は昨年に引き続き11ヶ月ぶり2度目の沖縄訪問。昨年は観光らしいものは首里城に行った程度と慌ただしい訪問(アフターは1日中飛行機に乗っていたなど)だったので、今回はちょっとスケジュール調整を頑張って、前後とも余裕を持たせてみました。たくさんの体験ができたので、記録としてこの日記に。



f:id:sakaik:20170615172953j:plain:w400

スケジュール概要

木曜日:
 夕方の便で到着。別便組と待ち合わせてレンタカーを借りてホテルへ。すぐにステーキ屋「ジャッキ-」へ。
 その後、国際通りをぶらぶらと観光。マンゴーハウスでかりゆしウェアを購入。11ヶ月ぶり2着目。
 立ち飲み屋さんによってから、壺屋の丸安そばで〆。

金曜日:
 ホテルで朝食後、昨日借りたレンタカーで美ら海水族館へ。途中道の駅(?)に寄りながら、11時前に水族館到着。12時半頃水族館出発。
 13時「なかやま家」到着。昼食にソーキそばをいただく。13時半、なかやま家出発。
 13時50分、オリオンハッピーパーク(オリオンビールの工場)到着。工場見学をして試飲。運転手はオリオンビールではなくオリオンサイダーをいただく。15時頃、オリオンハッピーパーク出発。
 16時半、読谷の焼物(やちむん)の北窯到着。いろいろ物色&購入。18時過ぎ、那覇市内着。18時半、レンタカー返却。
 一旦ホテルに戻って軽く荷物整理の後、19時半頃、OSC前夜祭。海鮮居酒屋ちゅらさん亭。その後深夜、泡盛倉庫へ。人生初の泡盛体験。

土曜日:
 日中OSC。昼食はソーキそば屋さんの「こどら」にて。夜、懇親会は「ぱいかじ」にて。昨年の前夜祭をやったお店。2次会は昨日に続き、泡盛倉庫へ。
 夜、コンビニでルマンドアイスを発見し、思わず「夜のデザート」に。

日曜日:
 10時半頃、タクシーにて識名園に。いわゆる迎賓館的な位置づけの場所だったとのこと。その後、タクシーで11時半、首里城
 タクシーで牧志に移動して、国際通りをぶらぶら。ガーブ川に蓋をしてつくったという商店街を歩いて、かりゆし通り(?)にあるおそば屋さん(名前失念)に連れて行ってもらう。
 壷屋でいろいろなお店を見学。おもろまち見学+スーパーで買い物してから、一旦ホテルに戻り休憩。
 夕刻、ヘリオスでビール飲み比べセット。19時「肉山」にて会食。その後2次会。満腹。

月曜日:
 空港内の A&Wにてモッツァバーガーのセット。飲み物は当然ルートビア。11時半頃、離陸。

MySQLユーザ会会のついでに駆け足で長野を観光した。主に東山魁夷館のおもひで

 日本MySQLユーザ会会 in 長野 2017のために長野市に日帰りで行ってきたのですが、単に勉強会だけのために往復するのはもったいない、と少しだけ市内観光をしてきました。日帰りなので、実際には以下のようなキツキツのスケジュール。


07:30頃 家を出発
08:40頃 かがやき(新幹線)上野発
10:00頃 長野駅到着
軽くお土産物屋さん物色(荷物になるのでまだ買わず)
タクシーで東山魁夷の美術館へ(タクシー代1,500円ほど)
10:30頃 美術館着
11:50頃 美術館を出て善光寺へ。善光寺到着
12:10頃 おそばやさん(北野家)で昼食
12:20頃 昼食完了(早っ)。ぶらぶらと門前に戻って七味やさんでお買い物(八幡屋磯五郎
12:35頃 目の前のバスに乗り長野駅方面へ出発(バス150円後払い)
12:45頃 長野駅到着。おみやげ等購入(駅ビルのみやげ物屋さんは20時で閉まるので帰りには買えないため)
13:15頃 駅ビルを出て勉強会会場へ



 10時に長野駅に着いてほぼ3時間。時間に追われてせかせかすることもなく、ゆとりをもって楽しむことのできた、充実の滞在時間でした。


 長野駅に最初に到着して乗ったタクシーの運転手さんが良い人で、道すがら色々教えていただきました。善光寺の前の通りがきれいになった話とか、オリンピックの表彰式のあった場所(今は駐車場)とかのマメ知識から、美術館と善光寺さんの位置関係もバッチリ分かる説明をしてくれたし、教えていただいた七味唐辛子屋さんでの買い物、おそば屋さんでの昼食等、時間のない中であれこれ迷わずに済んだのは、運転手さんのおかげです。タクシー会社へのアンケートがあったら、最高点をつけて報告したいくらいです。感謝!


 東山魁夷の美術館が今月末からリニューアルのために休館になるということを知人に教えてもらい、これを午前中のメイン目的とすることにしました。
http://www.npsam.com/
 その日は特別企画で学芸員さんが30分ほど、絵を巡りながらお話をしてくださる日だったようで、入館後自由気ままにすべての絵を見終わった頃に、それは始まりました。ぴったり。馬の絵のシリーズが有名だけど実はあれを描いていたのはほんの1年間くらいの間だけだったとか、最初は西洋画家になりたかったとか、魁夷の絵に人物はほとんど出てこないけれども人物の気配はある(ものもある)とか、水平線の妙とか、興味深い話をたくさん聞かせていただきました。


 個人的に印象に残った絵は:
枝に雪が積もっているやつ(「霧氷の譜」):カメラの絞りを絞ったみたいに、後ろのほうの枝が幾重にも遠ざかっていく感覚と、最も光が当たっている枝のまぶしさにシビれました。
絶筆となった闇夜の風景に星がひとつ輝いているやつ(「夕星」):星が明るいんです!ぐぐっと飛び込んでくるんです!


 どちらも、絵はがきや画集では、この感覚が再現しないんですよ。
これらが専門的にいわゆるところの「正しい」理解かどうかは知りませんが、自分が得たこの感覚。見に行ってよかったなと思いました。

大阪のついでに金沢に行った

 OSC2017-Osakaに参加したついでに、ぐるりと金沢経由で帰ってきました。北陸新幹線開業により実現可能となったルートで、
 考え方としては、東京-山科(京都のちょっと手前)-金沢-東京 という一方通行のルートに、ちょこっとハミダシの追加料金を払って山科-大阪 まで行ってくるというルートとなります。東京は「東京都区内」という区分があるので「出発地点に戻った」感じになりますが、考え方としては、「東京を出て上野に行く(ただし山科、金沢経由で)」みたいに捉えると、往復ではなく一方通行のルートであることがイメージしやすいかもしれません。

 使ったきっぷがこれ。右上の「東京都区内→東京都区内」がポイントです。

f:id:sakaik:20170202165138j:plain

 今回、疲れを貯めないためにとオールG車としたので、三回特急に乗る都合上、一回分のグリーン券ぶんだけ割高になってしまいましたが、普通席であれば、単純に東京-大阪を往復するのと数百円程度しか差が発生しないのです。特急サンダーバード北陸新幹線かがやきの乗り継ぎ割引(サンダーバードの部分の特急券が半額になる)を利用するためには金沢では一泊できないという制約はありますが、大阪のついでにちょっと金沢を見て帰るというのは、なかなかオツな体験でした。


 きっぷはほとんど、えきねっとで予約、駅で受取り。東海道新幹線特急券だけは、JR東海エクスプレス予約で、かつ、JR東海の駅(新幹線駅含む)でしか受取ができないので、例えば東京駅などに行く必要がありました。


 きっぷの買い方は、ほぼすべて以下のサイトの情報を参考にしながら進めました。非常に詳しく説明されていて助かりました。ありがとうございます。

kq.hatenablog.com




 体験した中で面白かった話をいくつか。


 最寄り駅からはスイカで入場したので、東京駅の新幹線乗換口できっぷを見せながら「スイカで入ったのですが、このきっぷでどうやって(新幹線に)乗れますか」と尋ねたところ、驚きの答えが。
 「3枚(乗車券2枚と新幹線特急券)いっぺんに入れてください。その後、ココにスイカでタッチしてください」
3枚というのもびっくりしたし、きっぷを入れた後にスイカでタッチする仕組みにもびっくりしました。自動改札、進んでいるなぁ。


 途中下車(新大阪と金沢)のたびに 途中下車印を押してくれるので、最終的に乗車券はこんな感じに。

f:id:sakaik:20170129190346j:plain



 実は富山石川福井の3県は私にとって未踏の地だったので、今回の移動で47都道府県を(単なる通過も含めて)訪問できたことになります。昨年の飛行機乗りまくりのおかげで沖縄と高知と和歌山を制覇していたのが大きかった(^^)。
 次は「降りて何かした」さらには「宿泊をした」と言える県を増やして行くのが目標かな。


 

今月読んだ本(2016/12)

大きめの本を読みかけのため、極端に少ない12月の本読みです。


MySQL 即効クエリチューニング(Think IT Books)

MySQL 即効クエリチューニング(Think IT Books)

 MySQL界の第一人者 yoku0825さんの日常生活に触れられる一冊(笑)。
安定稼働のための監視、調査が必要になったときに使う道具とそれらの手法について、まるで隣にいて語りかけてくれるかのように紹介してくれています。

機械学習入門 ボルツマン機械学習から深層学習まで

機械学習入門 ボルツマン機械学習から深層学習まで

 学生時代に図書館で、アシモフだったかなぁ、選集を貪るように読んだ時期がありました。難しい専門的な知識を背景にしつつもストーリー仕立てで楽しみながら読み進めました。この本は珍しく、そんなアシモフ的な空気を感じて、本屋で「目が合って」買った本です。ストーリー仕立ては、わかったようなわからないようなもにょもにょした気分になりますが、でも雰囲気を楽しんで読み進めました。