読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaikの日々雑感~日常編

sakaikの日々の雑記。食べ物、読み物、お出かけ(旅行)などなど

北海道新幹線に乗りたくて

advent2016 jal

この日記は 「ITイベントに参加してJGC」2016年アドベントカレンダーの13日目です。


 3月後半あたりに一度札幌にも行きたいなぁとプランをしていました。お気に入りのジンギスカン+もつ鍋屋さんがあるので惹かれていたというのも大きな理由のひとつですが。情報収集していると、どうも北海道新幹線の開通が3月末の土曜日だとのこと。これは丁度良い、と乗っかることにしました。
 ほんとは、空を飛んで移動するよりも、地上を這って移動するほうが好きなんですよ。景色が変化していくのを眺めるのが楽しいのです。


 飛行機のチケットは、なるべく安く買うために、できれば75日以上前に手配します。一方JRの電車は1ヶ月前になってからの発売。全旅程がいっぺんに確定できない不安はありますが、まずは飛行機を予約しました。
今年の目標は「飛行機になるべくたくさん乗る」であり、そこに「新幹線にも乗ってみたい」が加わったのですから、もちろん最優先させるのは飛行機です。
 そんなわけで、北海道新幹線にも乗ることを前提とした旅程は、以下。今年5回目のおでかけとなります。新幹線の東京-新青森間は乗ったことはあるので乗らなくてもいいのです。青森まで飛行機で飛んで、函館空港まで陸路で移動して、函館から札幌まで飛行機という変則的な旅程となりました。


往路:
羽田→青森-(新幹線)→函館→丘珠

帰路:
新千歳→秋田→羽田


往復ともに「寄り道(または途中下車)」して4レグのスケジュールです。


 丘珠空港(札幌)に行くのは今回が初めて。実は数年前に丘珠に行きたくて、東京-(新幹線)→新青森→青森-(特急)→函館 で、函館から飛行機によって丘珠入りするという旅程を組んだことがあったのですが、あろう事か乗る予定だった飛行機が欠航奥尻での急激な上昇がインシデントになったそうで、機材繰りがつかずということでした。ANAに振り替えてもらったものの、丘珠ではなく新千歳に連れて行かれてしまい、丘珠訪問はお預けとなっていました。それだけに、今回の丘珠行きには、並ならぬ期待がありました。

SAAB340に乗って丘珠に無事着いた時にはちょっとした感動。
到着したらすぐに預け荷物も出てきて、ほとんどの人が出口の前に目の前に停まっているバスに乗って、すぐにバスが発車するスピーディーさが、とても新鮮でした。

f:id:sakaik:20160326190125j:plain:w350


 札幌でIT系仲間達と情報交換を兼ねた会食をして(みなさんありがとう!)、翌日。帰路は、まっすぐに羽田に向かわずに、秋田で途中下車することにしました。新千歳から CRJ-200 に乗って。
CRJは、エンジンが後部についていて、心なしか静かな印象。後ろから押されるような感覚が好きな機首だったのですが、今後は減る一方ということで残念です。(後継として採用が噂されているMRJにも早く乗ってみたい思いが強いですが)

f:id:sakaik:20160327101750j:plain:w350

f:id:sakaik:20160327115100j:plain:w350


 秋田空港に到着してから、同空港を飛び立つまでの時間は、5時間半。空港からJR秋田駅までのリムジンバスが40分強、空港で30分前にはチェックインできるくらいのスケジュールで考えると市内滞在時間は約4時間弱。街歩きをするには十分な時間でした。
単純に空港にタッチして帰るだけでなく、こんな機会でもなければ訪れる事のなかった土地の空気を吸えるというのも、「修行」の中の楽しみのひとつですね。