読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaikの日々雑感~日常編

sakaikの日々の雑記。食べ物、読み物、お出かけ(旅行)などなど

『トラブルにならない「会社に有利な」ルールの作り方』

トラブルにならない「会社に有利な」ルールの作り方

トラブルにならない「会社に有利な」ルールの作り方

 社労士井寄さんの7冊目のご著書。井寄さんというと、「社員の辞めさせ方」だったり「給料の下げ方」だったりと激しい言葉を並べたタイトルの本が多く、本書も「会社に有利な」と刺激的なタイトルとなっています。

 タイトルからの印象とは裏腹に、小さな会社の社長さんに対して「専制君主みたいに勝手にいろいろ決めることはできないんだよ。法律があって、かなり行動は制約されている。だからこそ、法律に則って "きちんと" 対応しようね」というメッセージが一貫して流れているのが特長です。


 物事を考えたことのない人の中には、会社には無尽蔵にお金があって社長が暴利を貪っている、と本気で思っている人も少なからず居るようですが、とんでもない。売上が立たない時(つまり社員が稼いでいないとき)でも約束通りの給料を支払い、謙虚な人も傍若無人に権利を主張する人も同様に法律で手厚く保護され、給料を上げることには何の制約もないけれども下げるのは非常に大変。 そんな中で舵取りをしているのが社長さんです。

 有利なルール、と本書は銘打っていますが、実際には、過度に社員を甘やかさない(甘やかすと会社という船もろとも沈む)ために、適切なルールをあらかじめ決めておくことを説いている本だと言えるかと思います。 社員を騙して有利なルールを作ってやれうしし、と考えて本書を手に取った人にはがっかりするでしょう。

 こういうことを、気持ちの持ち方としては理解しているものの細かい法律のルールになると、把握しきれません。やっぱり専門職の人はすごいなぁと思う次第なのであります。

.