読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaikの日々雑感~日常編

sakaikの日々の雑記。食べ物、読み物、お出かけ(旅行)などなど

将棋クラスの昇級降級メモ2013-14シーズン

 2013-14シーズンの「将棋界の一番長い日」も終わり、B2クラス以外の昇級、降級が確定しました。

勝ち数が同じなのに昇級できたひと残留となった人。 負け数が同じなのに降級となったひと残留できた人。人生色々ですね。

 なんと言っても話題は(最終戦を待たずに決まっていましたが)、32期ずっとAクラスにいた谷川さんが、B1クラスへ陥落でしょう。通算36期の間もAクラスにいた一二三さんがC2落ちしたとか。

 一方で、広瀬八段(!)と阿久津八段(!)がついにAクラス入り。



●2013-14シーズン(第72期)順位戦.昇級降級情報

A級

羽生(8勝)を筆頭に、行方(6勝)、渡辺、佐藤康光、深浦(5勝)、三浦、久保(4勝)、郷田(3勝)が残留。

B1落ちは、屋敷(3勝)、谷川(2勝)


B1級:

広瀬、阿久津(9勝)がA級へ昇級。同じく9勝の豊島は昇級ならず。

その他残留は、松尾、丸山、山崎、橋本、木村、畠山、藤井、飯塚。

B2落ちは、鈴木(2勝)、高橋(1勝)


B2級:

3月13日の最終戦待ち。

いまのところ、佐藤天彦の10勝ゼロ敗でのB1昇級は確定。あとは昇級降級ともに未確定。

昇級は8勝の村山と、7勝の先崎が候補。

降級は、島朗、堀口(1勝)、窪田、安用寺(2勝)が候補。


C1級:

糸谷(9勝)、佐々木慎(8勝)が昇級。

同じく8勝ながら、中村太地は昇級ならず。残念!もう一歩!

加藤一二三らがC2に降級、、ええっ!?


C2級:

大石直嗣(9戦全勝)、澤田真吾(8勝)がC1に昇級。

佐々木勇気が7勝で一歩及ばず残留。はやく上がってきて欲しい。

森けい二とか内藤國雄とか今はここにいるんですねぇ。瀬川さん(4勝5敗)もなかなか上がらない。