読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaikの日々雑感~日常編

sakaikの日々の雑記。食べ物、読み物、お出かけ(旅行)などなど

『ビジネス教養としての論語入門』

ビジネス教養としての『論語』入門

ビジネス教養としての『論語』入門

 長いこと「いつか読みたい」とAmazonウィッシュリストに放り込んであったこの本。 著者の守屋さんは、プレジデント誌だったかな、かつて私が読んでいた雑誌のどれかに連載をもたれていて、短いながらも含蓄に富んだ言葉と解説に毎度感心していたように記憶しています。(記憶違いだったりして)


 市内の図書館に行ったら、たまたま通り過ぎた本棚で本書と目があって、速攻連れて帰ってきました。

 論語のもともとの言い回しにこだわるのではなく、「要するに」と本質を捉えてわかりやすく伝えてくれる本です。

 ただし率直な感想として、「一度読んでもわからない」。わかりやすいのにわからないとは矛盾しているようですが、とにかく内容には説得力があるので、読んでいる間は背筋も伸び、心から納得している(と思う)。しかし、ここで得たものは「知っている」事に過ぎず、「わかっている」状態にするには、経験を積みながら何度も読み返し、自分の言葉で置き換えながら、自分なりの「要するに」を見つける必要があるのだろうな、と思いました。


 本書で、なのかどうかわかりませんが、論語とのつきあいは一生かかる、細く長くなるものなのかもしれません。

.