読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaikの日々雑感~日常編

sakaikの日々の雑記。食べ物、読み物、お出かけ(旅行)などなど

コーチングの神様が教える「前向き思考」の見つけ方

 なんだか色々と運気が回ってきたと思える時期と、そうでない時期というのが、人生の中でしばしばある。「前向き思考」をすることで、その運気を手に入れる/手放さないようにする ことを指南している本だと言って良いだろう。


 本書は、以前この日記でも紹介した「コーチングの神様が教える"できる人"の放送」の続編的な本です。前作では、いかに優れたエグゼクティブであっても持っている「もったいない」クセを見抜き、上手に指摘し、更正させることに主眼を当てているが、本書では、もっと普通の人もターゲットにして、運気をつかむクセ、運気を逃がしてしまうクセについて指南をしてくれている。

 その根底にあるのが「前向き」であることだ。「できると思えばできる、できないと思えばできない」と言うと、根拠のない精神論のようでもあるが、私自身の体感としても、「本来できるはずだったことも、自分が"できない"と思ったとたんに、お望み通り、できなくなってしまう」ということを幾度と経験している。

 この「運気」こそが、本書で言う「Mojo」であると、私は信じている。そして、Mojo は計測することができる。

 1日の行動について、仕事(自分からのTake)として、意欲、知識、能力、自信、本気度の5項目。個人(自分へのGive)として、幸せ、報酬、意義、学び、感謝の5つ。これらの各項目に10点満点で点数をつけていくのだ。これをモジョ・スコアカードと呼んでいる。自分が、自分の行動にどういう満足度を持っているのか、これで明らかになる。


 そして、本書でもっともページ数を割いてじっくりと紹介しているのが「モジョ・ツールキット」。4分類14のツールだ。もくじより抜粋する

アイデンティティ

(ツール1)あなたにとって重要な判断基準を決める

(ツール2)どこに「住んで」いるかを見つける

(ツール3)ものすごく楽観的な人間になる

(ツール4)一つ取り除く

成果

(ツール5)一つずつやっていく

(ツール6)ささやかな瞬間にもミッションに従って生活する

(ツール7)ブルー・オーシャンで泳ぐ

評判

(ツール8)残るか出るかを考える

(ツール9)動く前にも考える

(ツール10)測定システムを使う

(ツール11)この数字を減らそう

受け入れる

(ツール12)下にだけでなく上にも影響を与える

(ツール13)名前をつけ、枠組みを作り、主張する

(ツール14)友人に永久会員券をあげる

一方で、「4つの意味のない議論」も興味深い

1. 「意見を言わせてください」

2. 「君よりたいへんだったんだから」

3. 「なんでそんなことをしたんだ」

4. 「それは不公平だ」


 手元に残しておきたい一冊。Mojoスコアカードは早速つけてみたいと思う。


.