読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaikの日々雑感~日常編

sakaikの日々の雑記。食べ物、読み物、お出かけ(旅行)などなど

ツール・ド・フランス2011・第19ステージ

 観戦していて、その展開と結果に「酔う」ステージというのが、たまにあります。今日のラルプデュエズへのステージは、まさにそんなステージでした。放送が終わった後もしばらく、ほわーーんとしてしまいました。


 テレグラフを声、ふたたびガリビエを超え、ラルプデュエズ山頂をゴールとするこのステージ。1級、超級、超級。最初に動いたのはコンタドール。ひとつめのテレグラフ峠の登り口でアタックをかけたと知った時には、思わず声をあげそうになりました(用事があったため、まだ家に向かう電車の中でした)。アンディがすかさずマークし、何人かが追随しました。(あっ、その前に何人かの逃げがありましたが、こんな展開になったので気の毒なことにあまり大きな話題になりませんでした)


 ラルプデュエズ登りはじめ、のこり12km付近。コンタがアタック。こんどは誰も追わずコンタの独走に。終盤で、ピエルローランとSサンチェスが追いつき、ピエルローランが最終場面のアタックで勝利!

 山岳でずっとヴォクレールマイヨジョーヌをアシストしてきた選手がこうやってラルプの歴史に名前を残すことができるのは嬉しいものです。お役ご免とばかりに、残りはラクに走ったって誰も非難しないと思いますが、役割から放たれた後で、自らのステージ勝利と、マイヨブラン獲得に走れるなんて、どんだけスー、、、えぇと、、、すごいんだと尊敬してしまいます。


 30秒ほど遅れてアンディたちのグループがゴール。意外と差はつきませんでした。


 こんな展開だったので、ジャージもがらっと入れ替わりました。

まず、マイヨジョーヌがアンディに!昨年の39秒ステージ以来久々に取り戻しました。

マイヨブランはピエル・ローランに。後続では途中まで、今日でマイヨジョーヌを脱ぐことになりそうなヴォクレールが、まるでマークするかのようにしっかりと(今ブランを来ている)タラマエの後ろについていました。更に遅れていた4人のチームメイトもゴールする時に横一列になり、パレードさながら。それを邪魔しない他のチームの選手達の配慮にも感動しました。

アポワルージュはSサンチェスに。ステージ勝利はローランに取られたけど十分に勇敢な走りでした。知らなかったのだけど、絵薄カルテルが繰り下がりじゃないジャージを着るのは初めてなんですって?長いチームなので、余計にびっくりしました。

そして敢闘賞が、前半から幾度にもわたる果敢なアタックで見せてくれたコンタドール。「欲しいのはこんな賞じゃねぇよ」と思っているかいないのか知りませんが、こんなことで表彰台に登ることに、多少の不本意さはあるでしょうね。


 こんな感じで、とても賑やかで華やかなポディウムでした。

夢見心地のピエルローラン。コンタとアンディが次々にステージに登場。エウスカルテルSサンチェスの赤玉。


 スプリンター連合はタイムアウト時間よりも30秒弱遅れてゴールしたようです。80人ちょっと。昨日に引き続き、スプリントポイントが20点減点され、救済措置としてレース続行可能となったようです。そりゃぁここまで来て80人減ってしまったら寂しすぎますもんね。


 様々な思惑の様々な出来事が同時並行的に起こって、今これを書いているタイミングでも、何が起こったのか頭の中で整理がしきれていません。ピエル・ローランと同様、すごいステージを見せられて私もまだ夢見心地なのかもしれません。


.

.