読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaikの日々雑感~日常編

sakaikの日々の雑記。食べ物、読み物、お出かけ(旅行)などなど

ジロ・デ・イタリア2010第12ステージ

 ジロ第12ステージは、移動日ステージの様子。みんなまったり。私も溜まっていた仕事を一気に片付けたくて観戦開始を遅らせ(要するに遅くまで仕事をして帰宅し)ました。
 家に着くと、残り13kmくらい。まもなく山頂というところらしい。3人くらいいた逃げがちょうどつかまるところで、カウンターとして何人かが抜け出す中、ヴォックレーも。
 気づけばそこは10人のすごい逃げ集団。メンバーはヴォクレーの他、ヴィノクロフクネゴバッソ、ガルゼリ、にバリ、ピノ-、スカルポーニ、そしてこのステージを取ったポッツァート。もうこの中で誰が勝つかなんてどうでも良くて、これだけの総合陣(昨日置いてけぼりを喰らった人たち)が申し合わせたかのように前に出るという、この攻めの姿勢にわくわくしました。
 取り残されたエバンスは、なんか他のチームの選手にちょっかい出されてジャージを引っ張られたり殴られたりしていたようです。誰だ!?アルカンシェルを引っ張るヤツは!


 10人の逃げ集団は10秒の差をつけてゴール。後続トップはマキュワン。地味な時だけ頑張るんだから、もう・・・(笑)。アラシロはボネのために仕事をしたのか、ボネが15位(後続の5番目)、アラシロが22位(後続の12番目)。総合では少し上げて 1:59:31 遅れの 141 位になりました。


 淡々と進んで最後だけスプリントで盛りあがって一瞬で終わる、なんて思っていたら、ラスト13km、とても面白い展開になりました。 まだ本格的な山岳に入っていませんがすでにチーム戦というよりもエース同士の戦いになっているかのように感じました。



第12ステージ未出走:

12 DNS Dominik Roels (Ger) Milram
12 DNS Wouter Weylandt (Bel) Quick Step